L-2Aは当時、朝鮮戦争の最中、1950年初期にタイプL-2(Spec.MIL-J-5391)の改良モデルとして採用されています(L-2A Spec.MIL-J-5391A)。USAAF(米陸軍航空隊)からUSAF(米空軍)に独立し、その USAFのシンボルカラーであるエアフォースブルーを採用しているのが特徴の一つです。このジャケットの開発にあたって1950年代に“AML”(航空医学研究所)は多くのサンプルを作り、テストを重ね、その中には表素材がナイロンでなく、ウールギャバジンのものまであったようですが、L-2同様のナイロン製が正式採用されています。BUZZ RICKSON’Sが製作するフライトジャケットはその素材だけでなくライニング(裏地)やポケットの素材、クラウンジッパーの再現、そしてボタンにいたるパーツまでを本物を研究し尽くし、レプリカしている究極のジャケットです。今回のL-2Aは当時のメーカー“SUPERIOR TOGS CORP”ブランドのネームタグを採用したリアリティーあるフライトジャケットに仕上がっています。



BUZZ RICKSONS【バズリクソンズ】のロゴ バズリクソンズ
BUZZ RICKSONS
バズリクソンズはシュガーケーン・サンサーフなどヴィンテージ系アメリカンカジュアルブランドを擁する東洋エンタープライズ社のミリタリーブランドです。同社とミリタリーとの関係は古く、同社の前身企業である港商事時代に米軍ベースにスーベニアジャケット(スカジャンなど)などの商品を納入していたというルーツを持ち、1993年にはフライトジャケットのファーストを発売。以後次々と復元されるミリタリーウエアはサンサーフのハワイアンシャツ、シュガーケーンのデニムウエアーと同様、どれも完璧な出来ばえです。

クーポン 次回お使いいただけるクーポンを差上げています。

ジーンズなどのボトムスの裾上げについて ご到着後でも、3か月以内なら無料!くわしくはこちら

⇒【会社概要】サイズの測り方・返品交換の方法などから

取り扱いブランドと取り扱いアイテム

【売れ筋】 "Strategic CORP TOGS SUPERIOR フライトジャケット L-2A TYPE Rickson's Buzz バズリクソンズ Air BR14349 ミリタリー Sqdn." Trans 3910th Command-コート・ジャケット